物価が高いって英語で何て言うの?

カテゴリ:こんな時、なんて言う?, ブログ 2017年03月15日

シンガポール拠点を移すことを決めて、

何回か、あちらに行きました。

スクリーンショット 2017-03-15 14.19.19

結果、気がついたのは・・・
物価が高い!笑

 

日本食のスーパーで、
大根が1000円(!)

で売られているのを見た時は、
思わず、笑っちゃいました・・・笑

日本から輸入されているものは、
特にその傾向が強いですよね^^

それにしても、
「物価高いよね〜!」
と言いたい時、

みなさんは、ぱっと出てきますか?

昔の私だったら、
「物価・・・」
「ぶっか・・・」
つぶやいていたと思います。笑
 
と、いうことで!

本日は、
「物価が高い」
を考えてみましょう^^

今回も結構いろいろな言い方
出てくるかなぁ〜^^

スクリーンショット 2017-03-15 14.21.08

私の「物価が高い!」です。
いろいろ主語にできるもの
ありますよ~。

Everything in that country is expensive!
(この国では何でも高い!)
→素直に言うと^^

 

I can’t buy anything there because of the prices.
 (【値段のせいで】値段が高くて何も買えない)
→買い物に躊躇するほどの値段
ってことですね~^^;

 

We have to pay a lot when we stay there.
(【そっち】その国に滞在するときは
【高額を支払わなければならない】お金がかかる)

→priceやmoneyを使わなくても
pay a lotでも伝わりますよね。

 

The living standard is so high.
 (【生活水準】生活費がとても高い)
→生活水準が高い、ということは
物価も高いはず!

 

We need more money than in Japan. 
(日本よりもお金がいる)
→比較して言ってみる、という手も。
具体的にイメージしやすいかも^^

 

You need a lot of money to go anywhere.
(どこに行くにも【お金がたくさん必要】お金がかかる)
→具体的に何について高いのか
これもイメージしやすいですよね

 

In that country, you can’t go anywhere without spending a lot of money.
(その国では、お金をかけずには
【お金をたくさん使わずには】どこにも行けない)

→逆に否定形で言ってみる!
ネットで検索すると
「ビックマック指数」
なるものがあるらしいw
各国の経済力を図る指数の1つ
なんだそうです^^;
・・・いろいろあるなあ。

ちょと調べてみるのも
おもしろいかもしれないですね^^

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 

グローバル人材に求められる英語力 高校にて講演させていただきました。

カテゴリ:ブログ, 日々のあれこれ, 未分類 2017年03月14日

「グローバル人材に求められる英語力」

〜コミュニケーション能力と応用力を持つ、真の国際人を作る〜

スクリーンショット 2017-03-14 16.37.40

 

 

新潟県の高等学校にて、

講演をさせていただきました。

 

グローバル人材育成

とても力を入れていらっしゃる学校で、

本当に、多くの取り組みをされていらっしゃいます!

 

その中でも、

「インターナショナル特進コース」の生徒様を

対象にお話させていただきました。

スクリーンショット 2017-03-14 16.35.51

研修旅行等で、セブ島などに行かれているとのこと!

 

さらに、選ばれた方は、

1年間のアメリカ留学のチャンスも!

 

その経験が、

将来、どれだけの視野の広さをもたらすのだろう・・・

と、感激してしまいました。

 

勇気を出して向かった海外で、

一瞬迷ってしまった時、

ふと、自信を失いそうになってしまった時、

 

私がお伝えしたことが、

なにかしらの力になれることを

心から祈っています・・・。

 

私が苦しんでいた高校時代。

その年代の方々に、

こうやって話をする機会を与えてもらっていること・・・

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

どうか、羽ばたいて。

そして、可能性をどんどん広げて欲しい。

 

自分でも驚くほどの人生を歩いていって欲しい。

 

「ある前提」で生きる。

私の想いが届いていたら・・・。

本当に幸せです。

スクリーンショット 2017-03-14 16.37.53

 

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

駅で困っている外国人を助ける!しかも、英語で!

カテゴリ:こんな時、なんて言う?, ブログ 2017年03月08日

スクリーンショット 2017-03-09 11.14.40

先日、東京駅で、

見るからに困っていそう

インド人に出くわしました。

 

見るからに大きなスーツケースを、

一体、何個持っているんだ?!

という状態で、

ものすごくキョロキョロしています。

 

そう。

明らかに、探してるよね。

エレベーター。

スクリーンショット 2017-03-09 11.13.47

しかし、

青木、千葉出身。

そろそろ東京になじんできたものの、

東京駅は、大都会です。

 

そこで!

青木は、動いた!

そうです。

「東京駅、詳しい人探し」

 

これ、必殺技ですw

 

外国の方が、心配そうにしていると、

「助けてあげたい!」

という熱い想いが出てくる方、

本当に多いのですが・・・

 

そこには、まさかのハードルが!

そう。

「そもそも、この場所を知らない」

 

これが

「英語を話せない」

という思い込みと、

ダブルパーンチになると、

そもそも場所を知らないだけなのに

「英語だけのせい」にしたりするわけです。

 

これって、本当にもったいない

だって、

「知ってる人」を探せばいいんだもの♡

 

日本語を使っている時と同じです♡

 

やはり、必要なのは、

「発想の転換」・・・

 

と、いうことで!

私が繰り出した、

「エレベーター、探してあげるから、

ちょっと待ってて!」

 

いくつもの言い換えと共にお届けします!

さぁ、みんなで考えよう!

それでは
「私ならこう言う!」5バージョン^^

Let me check where the elevator is.
(エレベーターの場所を確認してくるから)
→素直に^^

I will check where you should go. Just a second.
(どこに行けばいいか確認してくるから。待ってて!)
→上と同じ
「自分自身でチェックしに行く」バージョン。

I will ask the staff. Please wait here.
(駅員に聞いてみるから、ここで待っててね)
→わからなければ聞く!
駅員さんなら知ってるはず^^
日本の駅って素晴らしい(ほんとに)

I will go ask someone! Give me a second!
(誰かに聞きに行ってくる!ちょっと待ってて!)
→駅員さんがいるとは限りません。
「go + 動詞」=~しに行く

They should know where the elevator is! I’ll go ask!
(あの人たちならエレベーターがどこか知ってるはず!聞きに行ってくる!)
→「知りたいことを知っていそうな人に聞く」
これもありですよね~^^

こんな感じで「探しに行く」
直接言わなくても伝わりますよね^^

ぜひ、
駅で困っている外国の方がいたら、
声をかけてみてくださいね〜^^

 

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

北海道札幌の稲雲高校で、講演を行ってきました。

カテゴリ:ブログ, 日々のあれこれ 2017年02月11日

先日、北海道札幌の稲雲高校で、

2年生、約270名に講演をして来ました。

スクリーンショット 2017-02-07 18.10.49

この季節の北海道といえば・・・

やはり、雪!

スクリーンショット 2017-02-11 11.41.09

 

まず、飛行機が飛ぶのか、

着いてもたどり着けるのか・・・

とても心配だったのですが・・・

スクリーンショット 2017-02-11 11.38.23

 

無事到着!

 

いつも、講演の際はかなり前もって

到着するように気をつけているのですが、

 

今回も、やはり前日入り。

 

夜の風景が美しかったです。

スクリーンショット 2017-02-11 11.39.40

本当に、綺麗な街

スクリーンショット 2017-02-11 11.39.24

 

 

そして、当日。

生徒さんたちも、

とても素敵な方たちばかり。

真剣に話を聞いてくれる姿に、胸が熱くなりました。

 

 

スクリーンショット 2017-02-07 18.11.22

 

少しでも・・・

この話が、役に立ってくれたらいいな。

 

明るい未来を照らしてくれたらいいな・・・

と、祈るような気持ちに。

 

だって、本当に素敵な子たち!

スクリーンショット 2017-02-07 18.11.03

 

こんな機会をいただけていることに、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そして、実は、来週も北海道の高校で講演です。

 

高校生といえば、
うん十年前、(笑)
私が嗚咽をしながら、日本に電話をかけていた年頃です。
 
「私には、英語なんて話せない。もうムリだ。」と。
 
帰ってきていいんだよ。の言葉に、
「このまま逃げたくない」
と心で叫びながら、
どうすることもできずに、
嗚咽していた自分を思い出します。
 
14歳のギリシャ人の少年に
「だまってろ」と言われたことも、
 
もう思い出したくもないと思った、
どんな出来事も。
 
私に新たな気づきを与え、
そして、勇気付ける糧になってくれました。
 
どんなことも、怖がらなくていいんだよ。
 
眩しいほどの未来が、
その「失敗」のように見える出来事から、
創り上げられていくんだよ。
 
どこまで伝えられるんだろう。
 
彼らを勇気付け、
背中を押す。
 
そんな存在であれますように。
祈りを込めて、話してきます。

これから、飛行機に乗ります〜!

スクリーンショット 2017-02-07 18.10.12

行ってきます!

(稲雲高校HPにも、ご紹介いただきました^^

こちら

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 

できる先生の勉強法 できる先生の人脈術

カテゴリ:ブログ, 日々のあれこれ 2017年02月07日

最近、高校などの学校に呼ばれて、

講演をさせてもらうことが増えているので、

こんな本を読んでみました^^

スクリーンショット 2017-02-07 17.09.16

 

できる先生の勉強法

できる先生の人脈術

(東洋館出版社)

栗田正行著

 

学校の先生向けの本です。

帯には、こんなコトバ。

「学び方」を知ると「行動」が変わる!

「行動」を変えると「人生」が変わる!

あなたの可能性を広げる「ノマド勉強法」をわかりやすく紹介!

 

学校の先生って、

本当にステキな仕事だと思うのです。

 

そして、高校などの学校で講演させていただくと

お会いする先生方は、とても魅力的

でも、ご本人たちは、

「狭い世界です」とおっしゃることも。

 

こんなステキなお仕事をされていて、

魅力的な人柄。

きっと、「外で学ぶ」ということを取り入れたら

もっと世界を広く感じて

キラキラされるのではないかな・・・と思っていました。

 

そんな私の想いが、

いろいろ代弁されていて、なんだかワクワク読んでしまいました^^

スクリーンショット 2017-02-07 18.09.15

著者の栗田さんの「私が学ぶ理由」

それは、

「時間を生み出すためです。

効率的な仕事のやり方を学んで実践すれば、

早く仕事が終わります。」

 

そう。

時間って、お金よりも大事。

本の中で、栗田さん何度も仰っているのですが、

 

「時間」=「命の残り時間」

勉強法のところでも、

人脈術のところでも。

 

この思考が語られていました。

 

この本、多くの先生方に届くといいな。

そして、

こういう魅力的な先生たちに、

講演などで呼んでもらえたら、

人生の巡り合い」のようなものを感じてしまうな・・・

 

と思いました。

全国の先生!オススメの一冊です^^

 

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 


お問い合わせ