北海道札幌の稲雲高校で、講演を行ってきました。

カテゴリ:ブログ, 日々のあれこれ 2017年02月11日

先日、北海道札幌の稲雲高校で、

2年生、約270名に講演をして来ました。

スクリーンショット 2017-02-07 18.10.49

この季節の北海道といえば・・・

やはり、雪!

スクリーンショット 2017-02-11 11.41.09

 

まず、飛行機が飛ぶのか、

着いてもたどり着けるのか・・・

とても心配だったのですが・・・

スクリーンショット 2017-02-11 11.38.23

 

無事到着!

 

いつも、講演の際はかなり前もって

到着するように気をつけているのですが、

 

今回も、やはり前日入り。

 

夜の風景が美しかったです。

スクリーンショット 2017-02-11 11.39.40

本当に、綺麗な街

スクリーンショット 2017-02-11 11.39.24

 

 

そして、当日。

生徒さんたちも、

とても素敵な方たちばかり。

真剣に話を聞いてくれる姿に、胸が熱くなりました。

 

 

スクリーンショット 2017-02-07 18.11.22

 

少しでも・・・

この話が、役に立ってくれたらいいな。

 

明るい未来を照らしてくれたらいいな・・・

と、祈るような気持ちに。

 

だって、本当に素敵な子たち!

スクリーンショット 2017-02-07 18.11.03

 

こんな機会をいただけていることに、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そして、実は、来週も北海道の高校で講演です。

 

高校生といえば、
うん十年前、(笑)
私が嗚咽をしながら、日本に電話をかけていた年頃です。
 
「私には、英語なんて話せない。もうムリだ。」と。
 
帰ってきていいんだよ。の言葉に、
「このまま逃げたくない」
と心で叫びながら、
どうすることもできずに、
嗚咽していた自分を思い出します。
 
14歳のギリシャ人の少年に
「だまってろ」と言われたことも、
 
もう思い出したくもないと思った、
どんな出来事も。
 
私に新たな気づきを与え、
そして、勇気付ける糧になってくれました。
 
どんなことも、怖がらなくていいんだよ。
 
眩しいほどの未来が、
その「失敗」のように見える出来事から、
創り上げられていくんだよ。
 
どこまで伝えられるんだろう。
 
彼らを勇気付け、
背中を押す。
 
そんな存在であれますように。
祈りを込めて、話してきます。

これから、飛行機に乗ります〜!

スクリーンショット 2017-02-07 18.10.12

行ってきます!

(稲雲高校HPにも、ご紹介いただきました^^

こちら

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 

できる先生の勉強法 できる先生の人脈術

カテゴリ:ブログ, 日々のあれこれ 2017年02月07日

最近、高校などの学校に呼ばれて、

講演をさせてもらうことが増えているので、

こんな本を読んでみました^^

スクリーンショット 2017-02-07 17.09.16

 

できる先生の勉強法

できる先生の人脈術

(東洋館出版社)

栗田正行著

 

学校の先生向けの本です。

帯には、こんなコトバ。

「学び方」を知ると「行動」が変わる!

「行動」を変えると「人生」が変わる!

あなたの可能性を広げる「ノマド勉強法」をわかりやすく紹介!

 

学校の先生って、

本当にステキな仕事だと思うのです。

 

そして、高校などの学校で講演させていただくと

お会いする先生方は、とても魅力的

でも、ご本人たちは、

「狭い世界です」とおっしゃることも。

 

こんなステキなお仕事をされていて、

魅力的な人柄。

きっと、「外で学ぶ」ということを取り入れたら

もっと世界を広く感じて

キラキラされるのではないかな・・・と思っていました。

 

そんな私の想いが、

いろいろ代弁されていて、なんだかワクワク読んでしまいました^^

スクリーンショット 2017-02-07 18.09.15

著者の栗田さんの「私が学ぶ理由」

それは、

「時間を生み出すためです。

効率的な仕事のやり方を学んで実践すれば、

早く仕事が終わります。」

 

そう。

時間って、お金よりも大事。

本の中で、栗田さん何度も仰っているのですが、

 

「時間」=「命の残り時間」

勉強法のところでも、

人脈術のところでも。

 

この思考が語られていました。

 

この本、多くの先生方に届くといいな。

そして、

こういう魅力的な先生たちに、

講演などで呼んでもらえたら、

人生の巡り合い」のようなものを感じてしまうな・・・

 

と思いました。

全国の先生!オススメの一冊です^^

 

 

*次回の講座情報*

次回の講座情報は、こちらからどうぞ^^

↓↓↓

「なんでも英語で言えちゃう1日集中講座」

「なんでも英語で言えちゃう4ヶ月マスターコース」(本講座)

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 

筋肉痛って、英語で何て言うの?

カテゴリ:こんな時、なんて言う?, ブログ 2016年12月14日

たま~に思い立って
張り切ってしまったりすると

次の日ではなく
忘れたころにやってくるあれ・・・

「筋肉痛」(笑)

恐ろしい・・・

と言うわけで今日のお題は「筋肉痛」

「久しぶりに昨日テニスをしたら、今日筋肉痛だよ~」

なんてシーンを浮かべてくださいね~。

ちなみにネイティブのイメージでは
painだと痛すぎるそうです〜!




私だったら「筋肉痛」ぱっとでてこない時、
6つくらい言い換えるかな〜^^


I can’t move smoothly because of yesterday’s tennis.
(昨日のテニスのせいでスムーズに動けない)
→シンプルだけどまさにそういうこと。
すてる英語っぽいかも^^

:

:

I have sore muscles.
(筋肉痛だ)
→soreは傷や炎症などからくるひりひりした痛み。
喉が痛い、というときなんかにも使いますよ。

:

:
My legs ache since I played tennis yesterday.
(昨日テニスをしてからずっと足が痛い!)
→acheは胃痛のような「ずきずきする」
断続的に続く鈍痛。

:

:
I played tennis yesterday, and my muscles hurt.
(昨日テニスをしたら筋肉が痛い)

:

:
My legs don’t follow my brain’s order.
(【足が脳の命令に従わない】足が言うことをきかない)
→足を主語にもできますよね。

:

:
My legs won’t listen to my brain.
(【足が脳の言うことを聞かない】足が言うことをきかない)
→英語的な表現ですね~。
でも日本語でもこういう言い方しますよね。

:

:
こうやってみると
「痛い」っていう表現だけでも
結構いろいろありますね〜!

:
言えない!思った言葉を
いろいろ言い換えられると便利~

 

「こんな時は、こんな風に言い換えられるよ!」という情報を不定期にお送りしています^^

ご興味のある方は、こちらからメールアドレスを登録してくださいね!

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 

「英語を使いながら、豊かになる」という発想

カテゴリ:ブログ, 旅行・留学お役立情報 2016年12月04日

「英語を話したいけど、使うところがないんです・・・」

そういう相談をされることが増えてきています。

 

そして、私の答えは2つ。

1)ホストファミリーになること。

2)英語を使って、楽しみながらビジネスをすること。

 

1)に関しては、子どもの英語教育を考えている人にオススメ。

(これは、また後日ブログに書きますね)

 

そして、今日、強烈にオススメしたいのが・・・

2)英語を使って、楽しみながらビジネスをすること。

 

これ、めちゃくちゃハードル高いんじゃないの〜?

と思われる方もいると思うのですが・・・

 

ものすごいオススメな方法が!

それが、これ。

↓↓↓

img_0559

これ、読んでください!

本当に、すごいのぉ〜!!!

 

と、声を大にして言いたい。

 

「個人ではじめる輸入ビジネス」

(大須賀祐著・KADOKAWA)

 

やり方は、この本に全て書いてあります。

そう、本当に「全て」(笑)

って、こんなに書いちゃってイイノ???

と思う程の充実度合い・・・

 

・どこで商品を見つけるの?

・資金が相当ないと始められないでしょ?

・どうやって日本に輸入すればいいの?

・誰にどうやって売るの?

・手続きとか面倒な事が多そう

 

こんな疑問が、全部!

解決されるという・・・

 

海外旅行や、出張のついでに買い物を楽しむ感覚で

それができる。

 

読んでるだけで、海外、行きたくなります・・・。

自分の人生を楽しみたくなります・・・。

 

そう、「人生は時間で出来ている」

*****

あなたは、もっと自信を持っていい。

あなたがこのことを信じられたとき、

あなたが持つ世界観、日本人観を変えられると信じている。

(p,281より抜粋)

*****

 

「英語産業」ではなく、

「自信産業」に挑んでいる

と自負する私にとって、

このコトバは響きます・・・。

 

もっと「自分の人生」を生きて欲しい。

それは、ただ単に「冒険を!」ということではなく。

「今に集中」しながら、

「自分への信頼感」を得ていく。

 

 

多分、

「輸入ビジネスなんて、絶対ムリ〜!」

と思って

「もっと英語が話せるようになったら」

とか、

「自信がついたら」

とか、

いろんな「できない理由」を探してしまう自分がいると思うけど。

 

 

それ、逆だから〜!

 

やってみて。

「あれ?できた・・・」

と、言って自信ってつくもの。

 

できなくても、

「あれ?人に聞けた・・・」とか、

「なんとかなっちゃった・・・」とかで、

なんとなく、

後から←ここ重要

ついてくるもの。

 

飛び込んでみて。

自分の可能性に心を躍らせてみて。

 

かすり傷もないまま、

一生を過ごすなんて、面白くない。

そう思わせてくれる一冊です^^

 

img_0406

著者の大須賀先生も、

とってもチャーミングで素敵な方☆

 

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 

 

 

過ごすって英語で何て言うの?

カテゴリ:こんな時、なんて言う?, ブログ 2016年10月26日

「英語への自信を自分への自信に変えて、輝く人をつくる」

英語トレーナー 青木ゆかです(^^

|
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【“過ごす”って、英語で何て言いますか?】
最近は気温が上がったり、下がったり、
みなさまはどんな格好をして過ごしていますか?

 

私は、かなりの体感温度オンチで、
朝、「今日は寒いなぁ~」と思って
上着を着ていったら、
日中ものすごく暑かったり…

 

逆に、「うん!今日は暑い!」と思って
薄着で外に出ると、
夜、ものすっごく寒かったり…

 

はい、朝ちゃんと天気予報を見なさい!
ってことですよね、スミマセンっ^^:

 

さて、この「過ごす」という言葉、
会話の中でよく使いたくなる表現ですよね~!
でも、会話の途中で

 

(う~ん、“過ごす”って英語で何て言うんだっけなぁ~)

 

と悩んで、
沈黙しまったらどうでしょう…

 

気マズイ雰囲気になって、
ますます英語が出てくなくなってしまいそうです(><)
そんなときは、コレっ!!

 

迷わず、
☆捨てる英語術☆
を使いましょう!!

 

今日は、
友人との会話でよく出てきそうな、

 

「誕生日はどう過ごすの?」で練習してみましょう!

 

(みなさまも、ぜひ4つの表現を考えてみてください!!)






以下、私や、すてる英語くらぶの
生徒さんたちの回答です!

(すてる英語くらぶについては、こちら

==============================
1) How do you spend your birthday?
(あなたは誕生日をどのように使いますか?)
“過ごす”の本質を、“時間を使う”と考えると、この表現が出てきますね!

|

|
2) Are you going somewhere for your birthday?
(誕生日はどこかに行くの?)
“過ごす”を“どこかに行く”に置き換えた表現です!

|

|
3) What do you want to do on your birthday?
(誕生日は何したい?)
→これも、「どう過ごすの?」を、
「何するの?」にうまく置き換えた表現です!

|

|
4) Do you have any plan for your birthday?
(誕生日には何か計画してるの?)
→“過ごす”ということは“計画がある”という
“本質”に着目した言い換えです!

|

|

==============================
いかがですか?

 

“過ごす”の直訳を捨てて
自分の言いたいことの“本質”を考えると、
spendgodohaveなど、
簡単な単語でも、
表現の選択肢が増えていくのです!
そうすると、
直訳が分からなくても、
言いたいことは言えますよね!

 

 

遠くの直訳より、近くの本質!

 

☆捨てる英語術☆
“伝わる!”を体感してください ^^

 

青木ゆか、メールマガジンの登録はこちら
↓↓↓

☆☆☆

スクリーンショット 2016-04-13 13.19.02

 


お問い合わせ