第7回英語プレゼンコンテストのご案内

カテゴリ:英語プレゼンコンテスト 2015年06月26日

blog_header2

第7回 英語プレゼンコンテスト

日時:平成27年8月23日(日)

場所:滝野川会館(京浜東北線 上中里駅 徒歩7分/ JR山手線駒込駅 徒歩10分)

アクセス:http://www.takikan.com/access.html

挑戦者定員:6名(満席となりました。)

オブザーバー定員:30名

※只今、出場者&オブザーバー参加(見学)申し込み受付中!

オブザーバーのお申し込みは、こちらから!

英語プレゼンコンテストとは・・・

英語プレゼンコンテストとは、6名の出場者が「英語で今後話したい」と思う

自分の体験・自分の専門

について、オリジナルプレゼンを作り、1人10分で発表し、最も「伝わる」プレゼンを決めるイベントです。

条件は、「日本語字幕を出す」ということだけ。

様々なバックグラウンドを持った人たちの、骨太のプレゼンを無料で聞けるとあり、今回で7回もの開催を迎えるにあたりました。

英語プレゼンコンテストに参加して欲しい人

(1)英語を通じて、自信を取り戻したい!という方

※捨てる英語スクールのミッションは、「英語を克服することで、自信を取り戻し、輝く人を応援する」こと。

今は、自信がない!でも、自信をつけたい!という方のエントリーをお待ちしております。

(2)中学から英語を始めた、「普通の」日本人

※帰国子女でもないし、ましてやネイティブ並になんて全然話せない!そんな方のご参加をお待ちしています。

con_h3_04

①英語プレゼンをゼロから作ることで得られる「話すための」ノウハウ

日本語で作ったプレゼンを、英語に変換する際に「話すためのポイント」を吸収することができます。

 

②人前で話すことによる立ち居振る舞い

オブザーバーの前で「プレゼンをしている」自分を客観的に見ることができる、すばらしい機会です。
本番のご自身をイメージしながら、ぜひ、練習を重ねてみてください。

 

③オブザーバーからの評価シート

コンテスト当日は、会場に来ているすべてのお客さん(オブザーバー)から「良かった点」「より良くした方が良い点」を評価シートに記入していただきます。客観的に見た「英語で伝えている自分」を見つめる良い機会になると、出場者からも大好評です。

 

④発表シーンを映像で見直し

自分を客観的に分析する、さらに良い方法が、「人前で話しているところを実際にみる」こと。

自信を示す立ち居振る舞いや、声の大きさ、ジェスチャーなどを後日分析していただけます。

自分がどのような話し方をしているのか、表情は?声の大きさは?自信がありそうか?等、後からぜひ映像で確認してみてください。

また、ご自身のコンテンツを英語で発信したい方は、この動画を使っていらっしゃる方もおられます。

 

⑤共に成長できる仲間との出会い

英語プレゼンコンテストに挑戦しようと思われる方は、「英語を勉強したい!」と向上心にあふれ、継続する仲間を探しています。

共に、情報交換をしたり、一緒に英語のセミナーや勉強会に参加したり。一緒に学ぶ仲間を作ってください。

英語プレゼンコンテスト出場までの流れ
20140613-15

その1)このページ下のフォームから「英語プレゼンコンテスト」にエントリー

→エントリーシートはこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f5214fa2254364

その2)英語プレゼン対策 個別セッションを受講

捨てる英語トレーナー 青木ゆかによる個別セッションを行います。

英語プレゼンコンテストに向けてのスケジュールや、お話いただく内容のアドバイス、シナリオのご相談などをしていただけます。

20140613-11

また、ご希望の方には、「すてる英語スクール」主催の対策コースもご用意しています。

→対策コースの詳細は、こちら

(今回から、グループセッションの対応を始めました。)

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/

 

その3)当日までに各自資料作成&プレゼン練習

20140613-12

当日スクリーンに「日本語字幕」を入れたパワーポイント(マイクロソフト社)を投影致します。

参加者の方には、資料の準備をお願いしています。

(Mac Keynoteも可。その場合、当日の発表はご自身のパソコンをご持参ください。)

 

その4)コンテスト当日!

20140613-13

1人10分のプレゼンを発表していただきます。

その際、当日会場にいるすべての参加者は、評価シートにコメントを記入していただきます。

 

その5)結果発表&表彰式!

20140613-14

すべての発表が終わったところで集計し、優勝者を決定致します。

惜しくも優勝を逃した方も、オーディエンスによる「特別賞」が授与されます。
みなさんが考えた特別賞も、毎回心温まる賞が目白押しです。

オブザーバーのお申し込みは、こちらから!

これまでの英語プレゼンコンテストの模様

第1回大会

優勝者)
「音痴はいない!」
カリスマボイストレーナー 秋竹朋子さん
408390_476308659073039_379751527_n

第2回大会

優勝者)
「Great Presentation Secrets」
プレゼンアドバイザー 野村尚義さん
601700_608927795784727_1890617936_n

第3回大会

優勝者)
牧野和彦さん
599484_608927615784745_835478277_n

第4回大会

優勝者)
「博多案内人」山本英紀さん
ARY72398

 

第5回大会

優勝者)
「インターネットは私の人生をどう変えたか?」山口朋子さん

IMG_2145

 

【第5回大会挑戦者発表動画】

山口朋子さん

http://youtu.be/luUrY9ICESs?t=1s

福元雅之さん

http://youtu.be/WdYj142ko_0?list=UUYuEyqBYE10RsrTqZOZaGcg

 

第6回大会

優勝者)
「Your own happy moments in your daily life」福元雅之さん

スクリーンショット 2015-04-03 14.14.12

第6回大会挑戦者発表動画

福元雅之さん

市川喬文さん

相沢知宏さん

捨てる英語スクール 日常会話を捨てるコース 担当講師

yuka5すてる英語トレーナー 青木ゆか

千葉大学大学院 社会科学研究科 国際経済学専攻
(大学院時代にアメリカへの留学、高校時代にイギリスへの留学経験有)

米国公認会計士

「すてる」英語トレーナー、プロ講師として活動中。
たった2時間で英語コンプレックスを克服し、今や海外取引先と英語で毎日やり取りする生徒等を多数作り出す。
高校時代英語が得意と思い込み、飛び込んだイギリス。お土産の折り紙を英語で説明するも、ホストファミリー全員を寝かしつけ撃沈。

その後、英語上級者達を分析した結果、英語は「捨てる」と話せるという共通点を発見し、実践。
みるみる英語が上達し、外国人の友達も急増。ビジネスにもこれを応用し、コミュニケーションをはかる。

ニュアンスの固執をどこまで捨てられるかが鍵になると確信し、伝える活動を行っている。

2014年7月には、日経新聞出版社から「ずるいえいご」を出版。

発売2ヶ月で5万部を超えるベストセラーになる。

オブザーバー参加を希望される方へ

オブザーバー参加とは・・・

出場者のプレゼンを聞いていただく方のことです。さらに、評価シートへの記入、審査員としての役割を担っていただきます。客観的に人のプレゼンを評価することで、ご自身が英語を話すときの参考にもなる!と大変好評をいただいております。(人前でコメントをしていただくようなことはございませんので、ご安心ください。)

オブザーバー参加の楽しみ方

1)字幕付きだから、英語が分からなくても安心☆

2)英語プレゼンを客観的に見ることで、自分のプレゼンに活かせる!

3)複数のプレゼンを同時に見ることで見えてくる大切なことに気づく!

人の心を引きつけるプレゼンには何が必要なのか?伝わる話方には何が必要か?がいくつものプレゼンを見ることで浮かび上がってみえます。

ぜひ、他のイベントでは味和えない、新しい英語学習のカタチに触れてみてください。

※オブザーバー参加をご希望の方は、このページの下よりお申し込みください。

コンテスト詳細

日時・場所 平成27年8月23日(日)13:15(開場)13:30(開始)滝野川会館(京浜東北線 上中里駅 徒歩7分/ JR山手線駒込駅 徒歩10分)アクセス:http://www.takikan.com/access.html
コンテスト対策
個別セッション
ご希望の日程を3つほど挙げていただけましたら、調整してご連絡差し上げます。
定員 コンテスト挑戦者 先着6名(満席となりました。)
オブザーバー 先着30名 (残席わずか!)
参加費 フルパッケージ対策コース付き:140,000円(グループセッション)340,000円(個別セッション 1名様限定)
(対策コースについては、こちらをご覧ください。http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/オブザーバー参加: 無料

懇親会費: 4,000円

※コンテスト出場者の方は、参加費を申し込み受付完了後7日以内にお振込ください。懇親会費は、当日にお支払いください。

※オブザーバー参加の方で、懇親会に参加される方は、懇親会費は当日受付にてお支払いください。

お申込み 主催捨てる英語スクール申し込み方法挑戦者のお申し込みはこちらオブザーバーのお申し込みはこちら

 

過去大会懇親会の様子

946328_608928182451355_1549470782_nimage20140529

IMG_2204スクリーンショット 2015-04-03 14.26.49

スクリーンショット 2015-04-03 14.29.57

 

 

第7回英語プレゼンコンテストオーディエンス参加

第7回英語プレゼンコンテストオーディエンス参加申し込み

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
名前(姓)フリガナ ※必須
携帯電話番号 ※必須
懇親会参加の有無 ※必須

コメント


第6回 英語プレゼンコンテストのご案内

カテゴリ:英語プレゼンコンテスト 2014年10月03日

blog_header2

第6回 英語プレゼンコンテスト

日時:平成26年12月21日(日)16時半〜18時半

場所:ちよだプラットフォームスクエア 401

挑戦者定員:6名(満席となりました。)

オブザーバー定員:30名(残席わずか!)

※只今、出場者&オブザーバー参加(見学)申し込み受付中!

オブザーバーのお申し込みは、こちらから!

英語プレゼンコンテストとは・・・

英語プレゼンコンテストとは、6名の出場者が「英語で今後話したい」と思う

自分の体験・自分の専門

について、オリジナルプレゼンを作り、1人10分で発表し、最も「伝わる」プレゼンを決めるイベントです。

条件は、「日本語字幕を出す」ということだけ。

様々なバックグラウンドを持った人たちの、骨太のプレゼンを無料で聞けるとあり、今回で6回もの開催を迎えるにあたりました。

英語プレゼンコンテストに参加して欲しい人

(1)英語を通じて、自信を取り戻したい!という方

※すてる英語スクールのミッションは、「英語を克服することで、自信を取り戻し、輝く人を応援する」こと。

今は、自信がない!でも、自信をつけたい!という方のエントリーをお待ちしております。

(2)中学から英語を始めた、「普通の」日本人

※帰国子女でもないし、ましてやネイティブ並になんて全然話せない!そんな方のご参加をお待ちしています。

con_h3_04

①英語プレゼンをゼロから作ることで得られる「話すための」ノウハウ

日本語で作ったプレゼンを、英語に変換する際に「話すためのポイント」を吸収することができます。

 

②人前で話すことによる立ち居振る舞い

オブザーバーの前で「プレゼンをしている」自分を客観的に見ることができる、すばらしい機会です。
本番のご自身をイメージしながら、ぜひ、練習を重ねてみてください。

 

③オブザーバーからの評価シート

コンテスト当日は、会場に来ているすべてのお客さん(オブザーバー)から「良かった点」「より良くした方が良い点」を評価シートに記入していただきます。客観的に見た「英語で伝えている自分」を見つめる良い機会になると、出場者からも大好評です。

 

④発表シーンを映像で見直し

自分を客観的に分析する、さらに良い方法が、「人前で話しているところを実際にみる」こと。

自信を示す立ち居振る舞いや、声の大きさ、ジェスチャーなどを後日分析していただけます。

自分がどのような話し方をしているのか、表情は?声の大きさは?自信がありそうか?等、後からぜひ映像で確認してみてください。

また、ご自身のコンテンツを英語で発信したい方は、この動画を使っていらっしゃる方もおられます。

 

⑤共に成長できる仲間との出会い

英語プレゼンコンテストに挑戦しようと思われる方は、「英語を勉強したい!」と向上心にあふれ、継続する仲間を探しています。

共に、情報交換をしたり、一緒に英語のセミナーや勉強会に参加したり。一緒に学ぶ仲間を作ってください。

英語プレゼンコンテスト出場までの流れ
20140613-15

その1)このページ下のフォームから「英語プレゼンコンテスト」にエントリー

→エントリーシートはこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f5214fa2254364

その2)英語プレゼン対策 個別セッションを受講

捨てる英語トレーナー 青木ゆかによる個別セッションを行います。

英語プレゼンコンテストに向けてのスケジュールや、お話いただく内容のアドバイス、シナリオのご相談などをしていただけます。

20140613-11

また、ご希望の方には、「すてる英語スクール」主催の対策コースもご用意しています。

→対策コースの詳細は、こちら

http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/

 

その3)当日までに各自資料作成&プレゼン練習

20140613-12

当日スクリーンに「日本語字幕」を入れたパワーポイント(マイクロソフト社)を投影致します。

参加者の方には、資料の準備をお願いしています。

(Mac Keynoteも可。その場合、当日の発表はご自身のパソコンをご持参ください。)

 

その4)コンテスト当日!

20140613-13

1人10分のプレゼンを発表していただきます。

その際、当日会場にいるすべての参加者は、評価シートにコメントを記入していただきます。

 

その5)結果発表&表彰式!

20140613-14

すべての発表が終わったところで集計し、優勝者を決定致します。

惜しくも優勝を逃した方も、オーディエンスによる「特別賞」が授与されます。
みなさんが考えた特別賞も、毎回心温まる賞が目白押しです。

オブザーバーのお申し込みは、こちらから!

これまでの英語プレゼンコンテストの模様

第1回大会

優勝者)
「音痴はいない!」
カリスマボイストレーナー 秋竹朋子さん
408390_476308659073039_379751527_n

第2回大会

優勝者)
「Great Presentation Secrets」
プレゼンアドバイザー 野村尚義さん
601700_608927795784727_1890617936_n

第3回大会

優勝者)
牧野和彦さん
599484_608927615784745_835478277_n

第4回大会

優勝者)
「博多案内人」山本英紀さん
ARY72398

 

第5回大会

優勝者)
「インターネットは私の人生をどう変えたか?」山口朋子さん

IMG_2145

 

【第5回大会挑戦者発表動画】

山口朋子さん

http://youtu.be/luUrY9ICESs?t=1s

福元雅之さん

http://youtu.be/WdYj142ko_0?list=UUYuEyqBYE10RsrTqZOZaGcg

捨てる英語スクール 日常会話を捨てるコース 担当講師

yuka5捨てる英語トレーナー 青木ゆか

千葉大学大学院 社会科学研究科 国際経済学専攻
(大学院時代にアメリカへの留学、高校時代にイギリスへの留学経験有)

米国公認会計士

「捨てる」英語トレーナー、プロ講師として活動中。
たった2時間で英語コンプレックスを克服し、今や海外取引先と英語で毎日やり取りする生徒等を多数作り出す。
高校時代英語が得意と思い込み、飛び込んだイギリス。お土産の折り紙を英語で説明するも、ホストファミリー全員を寝かしつけ撃沈。

その後、英語上級者達を分析した結果、英語は「捨てる」と話せるという共通点を発見し、実践。
みるみる英語が上達し、外国人の友達も急増。ビジネスにもこれを応用し、コミュニケーションをはかる。

ニュアンスの固執をどこまで捨てられるかが鍵になると確信し、伝える活動を行っている。

2014年6月には、日経新聞出版社からの出版も決定。
「2012年 セミナーコンテストグランプリ大会(全国大会)準優勝」
「セミナーコンテスト 広島大会 優勝」

オブザーバー参加を希望される方へ

オブザーバー参加とは・・・

出場者のプレゼンを聞いていただく方のことです。さらに、評価シートへの記入、審査員としての役割を担っていただきます。客観的に人のプレゼンを評価することで、ご自身が英語を話すときの参考にもなる!と大変好評をいただいております。(人前でコメントをしていただくようなことはございませんので、ご安心ください。)

オブザーバー参加の楽しみ方

1)字幕付きだから、英語が分からなくても安心☆

2)英語プレゼンを客観的に見ることで、自分のプレゼンに活かせる!

3)複数のプレゼンを同時に見ることで見えてくる大切なことに気づく!

人の心を引きつけるプレゼンには何が必要なのか?伝わる話方には何が必要か?がいくつものプレゼンを見ることで浮かび上がってみえます。

ぜひ、他のイベントでは味和えない、新しい英語学習のカタチに触れてみてください。

※オブザーバー参加をご希望の方は、このページの下よりお申し込みください。

コンテスト詳細

日時・場所 平成26年12月21日(日)16時半~18時半ちよだプラットフォームスクエア(アクセス)http://yamori.jp/access/
コンテスト対策
個別セッション
ご希望の日程を3つほど挙げていただけましたら、調整してご連絡差し上げます。
定員 コンテスト挑戦者 先着6名(満席となりました。)
オブザーバー 先着30名 (残席わずか!)
参加費 コンテストのみの参加: 10,000円翻訳チェック付き参加:10、000円+30,000円
フルパッケージ対策コース付き:144,000円
(対策コースについては、こちらをご覧ください。http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/オブザーバー参加: 無料

懇親会費: 4,000円

※コンテスト出場者の方は、参加費を申し込み受付完了後7日以内にお振込ください。

懇親会費は、当日にお支払いください。

※オブザーバー参加の方で、懇親会に参加される方は、懇親会費は当日受付にてお支払いください。

お申込み 主催捨てる英語スクール申し込み方法挑戦者のお申し込みはこちらオブザーバーのお申し込みはこちら

 

過去大会懇親会の様子

946328_608928182451355_1549470782_nimage20140529

IMG_2204

英語プレゼンコンテストのご案内

blog_header2

第5回 英語プレゼンコンテスト

日時:平成26年7月13日(日)16時半〜18時半

場所:ちよだプラットフォームスクエア 504

挑戦者定員:6名(残席1!)

オブザーバー定員:20名

※只今、出場者&オブザーバー参加(見学)申し込み受付中!

オブザーバーのお申し込みは、こちらから!

英語プレゼンコンテストとは・・・

英語プレゼンコンテストとは、6名の出場者が「英語で今後話したい」と思う

自分の体験・自分の専門

について、オリジナルプレゼンを作り、1人10分で発表し、最も「伝わる」プレゼンを決めるイベントです。

条件は、「日本語字幕を出す」ということだけ。

様々なバックグラウンドを持った人たちの、骨太のプレゼンを無料で聞けるとあり、今回で5回もの開催を迎えるにあたりました。

英語プレゼンコンテストに参加して欲しい人

(1)英語を通じて、自信を取り戻したい!という方

※すてる英語スクールのミッションは、「英語を克服することで、自信を取り戻し、輝く人を応援する」こと。

今は、自信がない!でも、自信をつけたい!という方のエントリーをお待ちしております。

(2)中学から英語を始めた、「普通の」日本人

※帰国子女でもないし、ましてやネイティブ並になんて全然話せない!そんな方のご参加をお待ちしています。

con_h3_04

①英語プレゼンをゼロから作ることで得られる「話すための」ノウハウ

日本語で作ったプレゼンを、英語に変換する際に「話すためのポイント」を吸収することができます。

 

②人前で話すことによる立ち居振る舞い

オブザーバーの前で「プレゼンをしている」自分を客観的に見ることができる、すばらしい機会です。
本番のご自身をイメージしながら、ぜひ、練習を重ねてみてください。

 

③オブザーバーからの評価シート

コンテスト当日は、会場に来ているすべてのお客さん(オブザーバー)から「良かった点」「より良くした方が良い点」を評価シートに記入していただきます。客観的に見た「英語で伝えている自分」を見つめる良い機会になると、出場者からも大好評です。

 

④発表シーンを映像で見直し

自分を客観的に分析する、さらに良い方法が、「人前で話しているところを実際にみる」こと。

自信を示す立ち居振る舞いや、声の大きさ、ジェスチャーなどを後日分析していただけます。

自分がどのような話し方をしているのか、表情は?声の大きさは?自信がありそうか?等、後からぜひ映像で確認してみてください。

また、ご自身のコンテンツを英語で発信したい方は、この動画を使っていらっしゃる方もおられます。

 

⑤共に成長できる仲間との出会い

英語プレゼンコンテストに挑戦しようと思われる方は、「英語を勉強したい!」と向上心にあふれ、継続する仲間を探しています。

共に、情報交換をしたり、一緒に英語のセミナーや勉強会に参加したり。一緒に学ぶ仲間を作ってください。

英語プレゼンコンテスト出場までの流れ
20140613-15

その1)このページ下のフォームから「英語プレゼンコンテスト」にエントリー

エントリーシートはこちら

 https://ssl.form-mailer.jp/fms/f5214fa2254364

その2)英語プレゼン対策 個別セッションを受講

捨てる英語トレーナー 青木ゆかによる個別セッションを行います。

英語プレゼンコンテストに向けてのスケジュールや、お話いただく内容のアドバイス、シナリオのご相談などをしていただけます。

20140613-11

また、ご希望の方には、「すてる英語スクール」主催の対策コースもご用意しています。

対策コースの詳細は、こちら

 http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/

 

その3)当日までに各自資料作成&プレゼン練習

20140613-12

当日スクリーンに「日本語字幕」を入れたパワーポイント(マイクロソフト社)を投影致します。

参加者の方には、資料の準備をお願いしています。

(Mac Keynoteも可。その場合、当日の発表はご自身のパソコンをご持参ください。)

 

その4)コンテスト当日!

20140613-13

1人10分のプレゼンを発表していただきます。

その際、当日会場にいるすべての参加者は、評価シートにコメントを記入していただきます。

 

その5)結果発表&表彰式!

20140613-14

すべての発表が終わったところで集計し、優勝者を決定致します。

惜しくも優勝を逃した方も、オーディエンスによる「特別賞」が授与されます。
みなさんが考えた特別賞も、毎回心温まる賞が目白押しです。

オブザーバーのお申し込みは、こちらから!

これまでの英語プレゼンコンテストの模様

第1回大会

優勝者)
「音痴はいない!」
カリスマボイストレーナー 秋竹朋子さん

408390_476308659073039_379751527_n

第2回大会

 優勝者)
「Great Presentation Secrets」
プレゼンアドバイザー 野村尚義さん

601700_608927795784727_1890617936_n

第3回大会

優勝者)
牧野和彦さん

599484_608927615784745_835478277_n

第4回大会

 優勝者)
「博多案内人」山本英紀さん

ARY72398

 

捨てる英語スクール 日常会話を捨てるコース 担当講師

yuka5捨てる英語トレーナー 青木ゆか

千葉大学大学院 社会科学研究科 国際経済学専攻
(大学院時代にアメリカへの留学、高校時代にイギリスへの留学経験有)

米国公認会計士

「捨てる」英語トレーナー、プロ講師として活動中。
たった2時間で英語コンプレックスを克服し、今や海外取引先と英語で毎日やり取りする生徒等を多数作り出す。
高校時代英語が得意と思い込み、飛び込んだイギリス。お土産の折り紙を英語で説明するも、ホストファミリー全員を寝かしつけ撃沈。

その後、英語上級者達を分析した結果、英語は「捨てる」と話せるという共通点を発見し、実践。
みるみる英語が上達し、外国人の友達も急増。ビジネスにもこれを応用し、コミュニケーションをはかる。

ニュアンスの固執をどこまで捨てられるかが鍵になると確信し、伝える活動を行っている。

2014年6月には、日経新聞出版社からの出版も決定。
「2012年 セミナーコンテストグランプリ大会(全国大会)準優勝」
「セミナーコンテスト 広島大会 優勝」

オブザーバー参加を希望される方へ

オブザーバー参加とは・・・

出場者のプレゼンを聞いていただく方のことです。さらに、評価シートへの記入、審査員としての役割を担っていただきます。客観的に人のプレゼンを評価することで、ご自身が英語を話すときの参考にもなる!と大変好評をいただいております。(人前でコメントをしていただくようなことはございませんので、ご安心ください。)

オブザーバー参加の楽しみ方

1)字幕付きだから、英語が分からなくても安心☆

2)英語プレゼンを客観的に見ることで、自分のプレゼンに活かせる!

3)複数のプレゼンを同時に見ることで見えてくる大切なことに気づく!

  人の心を引きつけるプレゼンには何が必要なのか?伝わる話方には何が必要か?がいくつものプレゼンを見ることで浮かび上がってみえます。

ぜひ、他のイベントでは味和えない、新しい英語学習のカタチに触れてみてください。

※オブザーバー参加をご希望の方は、このページの下よりお申し込みください。

コンテスト詳細

日時・場所 平成26年7月13日(日)16時半~18時半ちよだプラットフォームスクエア

(アクセス)http://yamori.jp/access/

コンテスト対策
個別セッション
ご希望の日程を3つほど挙げていただけましたら、調整してご連絡差し上げます。
定員 コンテスト挑戦者 先着6名(残席1!)
オブザーバー 先着20名
参加費 コンテストのみの参加: 10,000円
(日常会話を捨てるコース:144,000円
詳しくは、こちらをご覧ください。http://suteru-eigo-my-story.jimdo.com/オブザーバー参加: 無料

懇親会費: 4,000円

※コンテスト出場者の方は、参加費を申し込み受付完了後7日以内にお振込ください。

懇親会費は、当日にお支払いください。

※オブザーバー参加の方で、懇親会に参加される方は、懇親会費は当日受付にてお支払いください。

お申込み 主催捨てる英語スクール申し込み方法挑戦者のお申し込みはこちら

オブザーバーのお申し込みはこちら

 

過去大会懇親会の様子

946328_608928182451355_1549470782_n image20140529